相談したらどうなるの?

カウンセリング

相談すると良い変化が起きやすくなる

カウンセリングでは、クライエントとカウンセラーの対話が中心です。

カウンセラーはクライエントのどんな話の内容でも
驚きすぎることなく、否定することなく、
常に安定的・肯定的・受容的な態度で受け止めます


クライエントは、カウンセラーとの対話を通じて、
問題の本質に気づいたり、
自分自身の理解を深めたり、
行動を変えようという気持ちが出てきたり、
焦る気持ちが減ったり、
安心感を得たりすることがあります。


相談者の状態によっては、
精神科や心療内科などへ受診して、
医師による治療が必要な場合もありますが、
受診と並行して心理カウンセラーとのカウンセリングを行うことにより、
治療効果や治療意欲が高まることもあります


しっかりと聞いてもらい、ちゃんと理解される体験を得る

ここで1つおたずねします。

今まで、誰かに話しをした時に、

「自分の話をしっかり聞いてもらえた」

「自分のことをちゃんと理解してもらえた」

と心から感じられたことが今までにどれくらいありますか?


振り返ってみると、私たちは他者に、
自分の話をしっかり聞いてもらた経験は意外と少ないものです。


困ったことがおきた時、悩んだ時、
あなたは誰かに相談しますか?


誰かに相談すると、
その人は何らかの「アドバイス」をくれると思います。
それが役に立って問題が解決することもたくさんあります。

しかし、なんだか自分の気持ちをわかってもらえない感じがしたり、
相手の考えを押し付けられてしまったように感じたことはありませんでしたか?

それは、相談を受けた人が、
その人の価値観や経験から考えた“正解”

あなたに与えようとしたからではないでしょうか。

もちろん、その人は、あなたのことを思って、
最善の助言をしてくれた
のだと思います。


あなたが相談した時、多くの場合は、
まずは自分の話をちゃんと聞いてもらいたかったのではないでしょうか。
そして、
自分の状態をちゃんと理解してもらいたかったのではないでしょうか。


自分の話をしっかりと聞いてもらい、
自分のことを理解される体験は、
それだけでも価値のあること
です。

そして、そのような体験をすることで、
改めて自分自身について、
過去の様々な経験から自由になり、
冷静に振り返り、
考えることができるようになります。

自分を深く理解し、自分らしく生きやすくなる


カウンセリングでは、
クライエントの課題の“答え”は、
クライエント本人が見つけ出すもの
だと考えます。

カウンセラーが正解を導き出すことは、けっしてしません。
というよりも、できません。

これが“答え”だという感覚は、
クライエント本人にしか分からないのですから。

しかも、その“答え”も、
困っている時には“答え”だとは思えないことがほとんどです。

困って、悩んで、ぐちゃぐちゃになって、
自分の本心が分からなくなってしまっているから
まずは、こころが安心して安定しないと、
“答え”が“答え”だと分からない
のです。

そのために、カウンセラーは、
クライエントの話を、けっして否定せずに聴くのです。


自分のことを、自由に言葉にしてみると、
それまでは見えていなかった自分を発見したり、
自分のことが深く理解できるようになったり、
自分らしく生きていく方法を見つけていけるようになるのです。


カウンセリングでは、
クライエントが納得できる答えを探し、
カウンセリングが終わった日常で良い変化が起こるように
対話を通してお手伝いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました