自己紹介

profile

十色ライフデザイン事務所 です

はじめまして。
十色ライフデザイン事務所 代表 佐藤かつし です。

工学部を出てシステムエンジニアになりましたが、子どもの頃から人と接することが好きで、子どもの心理支援がしたいと臨床心理士になりました。
大学院で心理学を勉強し、心理支援を実践する中で、心理学だけでは足りない部分を感じ、大学院修了後に福祉学も学びました。
子どもに関わる中では、子どもだけでおさまることはなく、親との関わりも不可欠でした。

「クライエントのために、自分にできることは何があるだろうか」

常に問いかけ、できることを更に広げて、深めていきます。

【保有資格】

  • 臨床心理士
  • 公認心理師
  • 精神保健福祉士
  • 社会福祉士
  • キャリアコンサルティング技能士2級

【専門領域】

  • 自己理解・自己肯定
  • 対人関係
  • パートナーシップ
  • 精神疾患
    (うつ病、不安障害、パニック障害、PTSDなど)
  • トラウマケア
  • 職場のメンタルヘルス
  • 復職支援
  • 大人の発達障害
    (アスペルガー症候群、高機能自閉症など)

【専門療法】

  • 来談者中心療法(Client-Centered Therapy)
  • 家族療法(Family Therapy)
  • 認知行動療法(Cognitive Behavioral Therapy:CBT)
  • 思考場療法(Thought Field Therapy:TFT)
  • 神経言語プログラミング(Neuro-Linguistic Programming:NLP)

My Story ~カウンセラーを目指すまで~

最先端の技術に興味を持ち
大学は工学部を選びました。

7割近くが大学院へ進学する中で
大学卒業後に中堅IT企業へ就職し
システムエンジニア(SE)として社会人生活がスタートしました。


大学在学中に出会った方々が立ち上げていた
子育て支援・父親の子育て参加啓発事業などを行う会社に
興味を持ち、SEを早々に辞めて転職

立ち上がったばかりの会社で
無休・無給で働き
様々なことを経験しました。

しかし、5年後に会社は解散
図らずも様々な教訓や不条理も学びました。


仕事で日本中を周り、子ども達やその保護者の方々と関わってきた経験
在職中に民間の心理カウンセラー養成講座に通っていたことがキッカケで
本格的に心理学を学んで子どもの心理支援をすると決意
臨床心理士の受験資格が得られる心理系大学院へ入学。

大学院在学中から
精神科・心療内科のクリニックで勤務。

大学院修了後に
当時勤務していた心療内科クリニック初の正規職員として勤務しました。

精神科デイケアにおける心理教育講師やファシリテーター
カウンセラー、復職の際の会社との打合せ、職員の採用面接官など
色々なことを経験させていただきました。

福祉的な知識とアプローチ法を学ぶ必要を感じ
クリニックで働きながら通信制の福祉大学で学びました。
(臨床心理士資格受験と重なり、てんやわんやに)


2013年4月から世界一周の旅へ出発。
4年越しの夢を実現させました。

期間は、1年と15日間(380日)
5大陸、28ヵ国へ訪問。

世界の広さ、素敵さ、不思議さと、人の有難さを痛感し、
2014年4月末帰国。


帰国後は
東京都内の精神科クリニックで勤務。


現在は
東京都埼玉県公立学校でのスクールカウンセラー
官公庁でのメンタルヘルスカウンセラーとして勤務しています。
(途中、スクールソーシャルワーカーも兼業していました)

タイトルとURLをコピーしました