子どもを怒る前に ~思い通りにならないとすぐ怒る親の悪影響~

子育て

生きづらさを抱えてしまう原因は

大人になって生きづらさを抱えている人の中には、親の育て方によって傷つけられた経験を持っている人が多くいます。
小さい頃は親の言うことが全て。そんな状態で親から否定されたり、ましてや暴力を振るわれてしまっていたら…。

当たり前と思われるかもしれませんが、小さな子どもは善悪の区別がうまく付きません。
親からダメと言われてしまうと、それは良くないことだと身につきます。
親がしていることは、しても良いことだと理解します。

子どもは、親の言うことよりも、親のやることをよく身につけるものです。

親から「存在を否定」されたり、「暴力」を受け続けてしまうと、その子どもが他者に対しても、暴力をしてしまうことも(加害者)、暴力を受けやすくなってしまうことも(被害者)、可能性が高くなってしまいます。

(加害者になる場合)親から暴力を受けたことで、他者に叩いたり怒鳴ったりすることに罪悪感を感じにくくなってしまう
(被害者になる場合)暴力を振るわれることが当たり前になり、他者からの暴力を無意識的に受け入れてしまう

このように、否定的な言葉や暴力が身近な存在になってしまうのです。
否定的な言葉や暴力を受けると『自己肯定感』も下がってしまいます。

子どもを怒る時は命に関わるときだけ

子どもを怒るのは、基本的に、自分の命を粗末に扱っているときや、人を傷つけるなど相手の命に関わる行為をしたときだけにしてください。

それ以外でも怒っていると、いつの間にかヒートアップしてしまい、『暴力』や『暴言』になってしまう場合があります。
子どもが危なっかしい行為をしたときには「これは怒ることかな」とその都度立ち止まり、何か他に違う対応方法を考えてみましょう。
この「立ち止まる」時間を作ることが一番大切です。

何か良いアイディアが浮かばなくても、ひと呼吸の間ができるだけで、少しだけ余裕が生まれるはずです。

今までのことも、よくよく振り返ってみると、怒らなくても良い場面、叱らなくても良い場面があったのではないでしょうか。

子どもの言い訳や嘘に対しては、親の観察力を発揮して

子どもに諭しているときに、子どもが言い訳をしたり、嘘をついたりして、腹が立ってしまったことがあるかもしれません。

言い訳や嘘をつく子どもは、自分がしたことは悪いことだと、ちゃんと分かっています

良くないことをした自分が親から見捨てられてしまったり、ひどいことをされるかもしれないことを恐れているから嘘をついてしまうんです。
(もちろん、こんなことを意識的に考えているわけではありません)

叱るときは、子どもの様子をよく観察して、優しく諭すようにしてあげてください。

子どもに対する「駆け引き」は ほどほどに

「言うこと聞かなかったらオモチャを買ってあげない」とか、「片付けなかったら遊びに連れて行かない」などという言葉は「脅し」や「罰」にあたります。

しつけを行う上で有効な場面もありますが、これは一種の「駆け引き」です。いつまでも通用はしません。
(あまり多用はしないことをおすすめします。)

親に非があるときは、素直に認めて謝りましょう

子どもは親の言動は思考ではなく、感覚的によく見ているので、親の矛盾にも敏感です。
もしも親自身が自分の間違えに気付いたときには、きちんと謝る姿を見せることで、子どもも謝ることを身につけやすくなります。
また、親自身が素直に非を認めることで、親子の信頼関係も強くなります。

怒りたくなる出来事が起きたときこそ、親子の関係が試されるときです。
少しずつ素敵な関係を育てていってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました